お寺ライフ, 福田寺

先日は南三陸町のお寺で教区の寺族研修でした。

御詠歌の練習の後、寺族さんのご指導による茶道体験です。

去年もありましたが、今回も丁寧に教えていただきました。

その中で、長年気にかかっていた「お濃茶」 ...

きんふく, 福田寺

昨日は第15教区寺族会研修会でした。(第15教区は南三陸町、津山町、十三浜の曹洞宗寺院の集まりです。)

参加者10名で、らららホールでの「禅をきく会」へ行ってまいりました。

始まる前の様子↓。今回は古今亭菊千代 ...

福田寺

今日は宮城県宗務所で寺族学習会でした。

集まった寺族はお寺生まれの人、お嫁に来てベテランの域に入っている人、寺族になったばかりの初心者さんなど、年齢も状況も様々です。

「寺族必携」というテキストにて、寺族の役割 ...

福田寺

昨日は曹洞宗で、住職勤続40年の表彰がありました。

福田寺では、智雄住職になってから40年の間に、四良次延命地蔵尊堂が建築され、45号線バイパスが作られるために山が開かれ、墓地の移転と区画整理、庫裡の改築、御本尊様の交代、 ...

プライベート, 福田寺

桜が満開になったと思ったら、今日はもう花びらが舞い始めました。

今週は教区内の寺族の総会がありました。

一言にお寺といってもそれぞれ状況が違うので、さまざまなお話を聞くことができたり、勉強になることがあったりと ...

福田寺

おとといは宮城県寺族会の学習会でした。

この学習会は、県内の寺族たちが集りさまざまなことを学びます。 →→→ 「寺族」って何?

今回のテーマは「食べ方上手は生き方上手」ということで、管理栄養士の先生から、食から ...

きんふく, 福田寺

寺族(じぞく)とは、曹洞宗ではお寺に住み、寺族得度を受け、寺族簿に登録された者です。

主な役割は、住職と協力して寺門の興隆・後継者の育成・檀信徒の皆さまと共に仏道に励むことです。

准教師資格というものがあり、通 ...

きんふく, 福田寺

和尚さんは「おっさん」と呼ばれることが多いです。

子どものころ、なぜ私のお父さんが年齢関係なくいろんな人から”おっさん„と呼ばれるのか・・・

と、住職である若かった父が「おっさん」と呼ばれることに納得いきません ...