季節の花々(サルスベリ)

今日は良い天気です。

8月に入ってから雨ばかりでしたら、最近の晴れ間は懐かしく感じますね。

福田寺の境内は季節の花々でいっぱいです。

今日はサルスベリのご紹介です。

 

サルスベリ(百日紅)はミソハギ科の落葉中高木です。

 

花が美しく、耐病性もあり、必要以上に大きくならないため、しばしば好んで庭や公園などに植えられるようです。

サルスベリという名は、幹の肥大成長に伴って古い樹皮のコルク層が剥がれ落ち、新しいすべすべした感触の樹皮が表面に現れていくことによります。

つまり、猿が登ろうとしても、滑ってしまうということで、猿滑と表記することもあります。

 

 

 

様々は云われもあるようですが、お寺ではよく見ることができる木です。

 

 

ちなみに、サルスベリの花言葉は「あなたを信じます、信じる心、雄弁さ、世話焼き、愛嬌、活動的」だそうです。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)