立春大吉

立春です。

暴風ですが、青空で暖かい朝となりました。

立春の今日、曹洞宗の檀家さんは「立春大吉」のお札を各家で玄関に貼ります。

これは道元禅師様から始まった習慣で、貼られた場所や建物の幸せを願うものです。

お寺は訪れた方々に幸せになってもらう場所ですので、福田寺でも早速貼りました。

話は変わりますが、今朝早く、天井裏からキーキーという鳴き声とバタバタとした足音が響き渡りました。

どうやら屋根裏でハクビシンが運動会をしていたもよう・・・(-ω-)

庫裡中の屋根裏と壁の中とあちこち走り回っていたようです。(本当にうるさかった!)

居付くようなら駆除も考えなければなりません。

しかし住職は「豆まきして福が来たな(^▽^)」と笑っていました。

さて、よりによって1年の始めとなるのこの日に来たハクビシン、

どんな福になるのか、何にとっての福なのか、経過を観察していこうと思います。