きんふく,

原爆の悲惨さと、平和の尊さを伝える民話「おこりじぞう」。

作者の被爆体験をもとに、原爆の恐ろしさと、平和の尊さを伝えるお話です。

読んだら何も言えない気持ちになる、でも、心の中でいろいろと考えました。

きんふく, , 福田寺

福田寺の夜明けは遅いです。

津山町は同じような立地のところが多いです。

山の影なので8時過ぎでやっと太陽がこのあたり↓

昨日はあの後も夜も雪が降らなかったので助かりました。

しかし気温は ...

きんふく, , 運気

昨日は若方丈が作業で穴を掘っていました。

それを見て思い出した本があります。

穴 HOLES (講談社文庫)(ルイス・サッカー著)です。

主人公のスタンリーは、いつも何か不運があると「ひいひいじいさ ...