きんふくは幸せへの道しるべ

「難を転ずる」ということで縁起が良いといわれる、南天の実が鮮やかです。

法戦式に向けて長いこと緊張感を持ち続けていたので、終わってもまだ若方丈の体が本調子に戻っていない今日この頃。(この辺が20代とはちがいますね(^^;)

昨日と今日は梅花の講習で2日間びっちり勉強中です。

若方丈はお寺に入って5年が経ちました。

それまでは会社員でしたから、一から勉強しています。

『きんふく』を立ち上げ活動を広めようとしたら、僧の道へ進むきっかけがあり、

あっという間に進み、お寺関係の仕事が中心となり、すっかりお寺の人になりました。

 

『きんふく』は、「幸せへの道しるべ」です。

あなたのいく道はこっちだよー、と方向を指してくれます。

それはきんふくを作った私たちにも同じでした。

いつも体当たりでクラッシュしていた私にも、自分の進む方向をきちんと見えるように整備してくれたと感じます。

『きんふく』は難を転じるにはどうしたらいいかな?と考えながらそばにいてくれます。

悩み、迷い、何に困っているのか自分でもわからないのにもやもやしているときにも、きんふくはあなたのそばにいます。

必要な時にはお声をかけてくださいね。

 

運気アップの吉方位(2018年11月編)

寒さを感じるようになってきました。

皆様、風邪などひかないように体調管理を徹底してくださいね。

 

それでは、今月の運気アップの吉方位です。

対象期間:11月7日~12月6日

【一白水星の方】 西・北西・南東・東

【二黒土星の方】 南・西・北西

【三碧木星の方】 南・南東・北

【四緑木星の方】 南・東・北

【五黄土星の方】 南・北東・西・南西

【六白金星の方】 北東・西・南西・北

【七赤金星の方】 北東・北西・南西・北

【八白土星の方】 南・西・北西

【九紫火星の方】 北東・南東・東・南西

 

※方角は、今お住みの場所を起点にしてください。

※月単位での吉方位は、長期出張や出向など月内で行う大きな移動の際にお役立てください。また吉方位でも行く方角により、どういった現象が起こり得るかというのがわかれてきます。また、絶対に行ってはいけない方位というものもあります。詳しくはお問合せください。

きんふくの秋

今朝はだいぶ冷えましたね、朝課のときに少し息が白くなりました。

今年のきんふくの2人の秋はそれぞれ「勉強の秋」となっています(^^;

皆さんはいかがお過ごしですか?

 

ところで、福田寺では今年はかりんの実がたくさん生ったのですが、黄色になる前にぼとぼと落ちてしまっています。

黄色になる前に収穫して香りを楽しむ用にしたほうがいいのでしょうか?

 

昨日は御祈祷で、いつものように鈴(れい)をしゃらしゃらしゃら~と鳴らしたら、虫がひゅーんと落ちてきてひっくり返ったそうです。

虫は鈴の音がだめなのかなあ?

 

さきほど若方丈が御詠歌の練習で「チン!」と鉦(しょう)をうったとたんに、それまでゆったりしていたくうちゃんがにゃあにゃあ騒ぎながらあわてて出ていきました。

猫は「チン!」という音が嫌なのでしょうか?

日常には疑問がいっぱいです。

↑手前の丸いのが鉦です。

(影になっていますが、畳のへりは踏んでいませんよ~。)

 

山の杉の伐採は終わり、ただいま材木の運び出し作業がなされています。

そのため、弁慶石までの道が少し明るくなりました。

受験などでパワーが必要な方、才能を開花させたい方、また、疲れを感じる方や元気が欲しい方、

福田寺のパワースポットにぜひお立ち寄りください!

初めてお越しの方、場所や、パワーの受け方を知りたい方は、ご案内いたしますので寺の方にお声がけくださいね(*^^*)

 

 

読み聞かせ絵本「ウェン王子とトラ」

学校で読み聞かせをするときに気にするのが、「絵」。

どんなに素敵でも、見えにくいのでは面白さも半減するので、できるだけ見えやすいもの、読み手も字が見えるもの、というところから選びます。

そんな中、この『ウェン王子とトラ』の魅力は何といっても絵。

始めは見やすさで手に取ったんだけど、ページを開くごとにのめりこむ感じです。

物語は、夜ごと村を襲うトラに悩んだ王が、トラを鎮めるためには王子をトラに差し出すことだ、と占い師に予言され、王子をトラの住む森に置いてくるところから始まります。

どうしてトラは村を襲うようになったのか。

王、王の妃、トラ、そして王子。

それぞれの気持ちが流れてきます。

途中でハンカチを取りに席を立つ子もいました。

作者のチェン・ジャンホンは中国の伝統的水墨画の手法を用いる画家とのことで、さすが。

感情が絵になるってすごい。

大人になると平常心でいるように心がけるからか、心の底から湧き出る感情が出にくくなったな、と感じることないですか?

これをふいに出させられる絵本だと思います。

起こったことは受け入れ、未来へとつなぐ王子。

ぜひ、読んでみてください。

ウェン王子とトラ

ところで、読み聞かせは「絵本セラピー」として大人の間でも広がっています。

いつかきんふくでも、癒しの読み聞かせ会を・・・。

運気アップの吉方位(2018年10月編)

立て続けに台風がやってきてますね。

私のいる宮城は風がすごいです。

皆様、運転などお出かけはくれぐれもご注意ください。

 

さて、今月の吉方位です。

対象期間:10月8日~11月6日

【一白水星の方】 東・南西

【二黒土星の方】 北東・西

【三碧木星の方】 東

【四緑木星の方】 北東・南西

【五黄土星の方】 北東・西・北

【六白金星の方】 西・北

【七赤金星の方】 西・北

【八白土星の方】 北東・北

【九紫火星の方】 西・東・北

 

※方角は、今お住みの場所を起点にしてください。

※月単位での吉方位は、長期出張や出向など月内で行う大きな移動の際にお役立てください。また吉方位でも行く方角により、どういった現象が起こり得るかというのがわかれてきます。また、絶対に行ってはいけない方位というものもあります。詳しくはお問合せください。

読み聞かせ絵本「しにがみさん」

わりと絵本を読むのが好きなので、たまには紹介しようと思います。

最近のお気に入りは、落語絵本『しにがみさん』。

しにがみさんタイトルを見て若方丈が「死神なんて、昔の人はなんて怖い話を思いつくんだろう・・・」とつぶやいていましたが。

ちょっと前の朝ドラ「わろてんか」で、だんご師匠がラジオで話したのを見た方もいると思います。

お金に困った男が、死神に不思議な力を与えられた、怖くて滑稽な話。

ブラックですが、それがとてもドキドキして面白かったので、読み聞かせでチャレンジしてみました。

落語なので言葉の掛け合いで進んでいくのですが、やっぱり落語家さんのようにはいかず・・・。

終わってみんなの顔を見ると、ポカーン(゜.゜)

はたしてあのドキドキ感は伝わったのか、伝わらなかったのか!?

真相はわかりません。

こうして私の修行は続きます。

二十日お盆

昨日は二十日お盆(はつかおぼん)でした。

これは東北の風習のようですが、お盆中に来られなかった人もこの日にお墓参りに来たりします。

住職と若方丈は、隣町のお寺に施食会(せじきえ)のお手伝いに行きました。

 

ところで、私事ですが、去年のお盆中14日に、我が家の犬(マコ♀・19歳)が死にました。

今年は1周忌だったわけです。

子犬のころから、お正月の初詣にはお札場でお客様を率先してお迎えし、皆さまから可愛がってもらっていました。

中型犬の白い犬で、某なんとかバンクのCMの犬にそっくりでしたので、よくお客様からは「お父さん」と呼ばれていました。

17歳ころから体の老化が見え始め、18歳ころには認知症が進んだためかお札場に向かうことも忘れ、19歳には介護が必要になり、最期の半年ほどは寝たきりになりました。

食事、排せつ、清拭、体位交換、鳴きっぱなしになるので抱いたりなでたりとなだめるために付きっきりになったりと、家族皆で世話をした日々でした。

正直、犬の介護がこれほど大変だとは思いませんでした。

特にいつも一緒の部屋で寝ていた母は、気が休まる時間がなかったと思います。

介護に関して、人の介護はもちろん大変ですから、犬のことはあまり言わないようにしていましたが、少しでも情報が欲しくて夜中に老犬介護のブログや記事を読み漁りました。

当時はぐるぐるぐるぐる、いろんな思いと日常の生活と業務で頭の中は余裕がなかったと思います。

マコの姿から、生きることと命のあり方について、ずいぶんと考える時間をもらいました。

いなくなって1年経った今、面白かったマコばっかり思い出します。

マコ、笑いをありがとう!

 

お盆が終わり、今日からきんふくも通常業務です。

 

 

魂の重さ?

大変に暑いお盆でした。

いまのところ、墓参り中に体調崩された方などいなかったようなので、寺としてもほっとしています。

 

そうそう、こんなことがありました。

14日に行われた夕方の合同供養の後、若方丈が施食棚の場所を移動していたところ

「なんか、昨日より重いんだけど。」

とつぶやきました。

「ああ、皆さん来たからだねえ。」

「そういうことだね。」

 

“魂の重さは21g”という研究をされてた方が昔いたようですが、

羽のように軽くても、たくさん集まれば感じるくらいに重くなるのかも。

帰るお家がある方は、きっと家族のところへ行ったでしょう。

それ以外の方々がお家の代わりにお寺へ来て、お休みになっていたのかもしれません。

無縁様といわれていた仏様も、ここで有縁様になるのかな。

なんてこと思いながら、お盆は過ぎ、皆様をお送りし、またいつものお寺に戻ります。

 

明日は合同供養です。

お盆のお迎えの日、激暑となりましたね(*_*)

昨日まではお掃除に、今日はお花を飾りに、お参りにと、たくさんの方が来ています。

住職と若方丈は、初盆を迎える町内のお家に棚経にまわりました。

本堂には施食会棚をつくり、檀家さんのご先祖様の他にも、無縁仏様などの霊魂への供養も行っています。

そして、『甘露門』というお経を読みます。

そのなかには、

 

「皆さん、ここに来て、供養のご馳走を食べてください。

そしてあなたたちが福で満たされて、早く苦しみから離れて成仏することを祈ります。」

 

というようなことが書いてあります。(和尚さん、間違ってたらすみません(^^;)

 

皆さんのお宅でも、家族や親戚が集まったり、お友達と会ったり、

または今の時代ですと、ネット上で集っているかもしれませんね。

生きている人も亡くなった人も、あたたかい心に包まれるのがお盆なのかなあと思います。

 

〈福田寺の檀家の皆様へ〉

「盂蘭盆会合同供養」

8月14日(火)①午前7時~  ②午後17時~

ご都合の良い時間にご参加ください。

 

今日のお知らせ きんふく【お盆休みのお知らせ】

きんふくの8月中のお休みをお知らせいたします。

部門により異なりますのでご了承ください。

 

○ライフアドバイス

各種カウンセリング・鑑定・セラピー・・・8月12日(日)~17日(金)までお休み

緊急を要する方は、お休みに関わらず時間調整させていただきますので、まずは電話またはメールでご連絡ください。お問い合わせはここをクリック

○癒し・美容・健康部門

エステの施術・各種資格取得講座・・・8月8日(水)~20日(月)までお休み

※ご注文品の発送のみ上記休み中も受付いたします。

○ホームページ制作部門

パソコン接続等訪問作業・・・8月8日(水)~20日(金)までお休み

※ホームページ等ネット上での作業は上記休み中も、電話・メールで対応させていただきます。

 

猫は居心地を良いところを探すのが上手です。

人目につかない日の当たらない物置の中であくびをしていました。

暑さも空(くう)なのですね、くうちゃん!