季節の花々

本日は福田寺に咲いている花々のご紹介です。

 

まずは、

 

ムラサキシキブ(紫式部)

ムラサキシキブはシソ科の落葉低木である。日本各地の林などに自生し、また果実が紫色で美しいので観賞用に栽培されます。

花言葉は、『愛され上手』『上品』『聡明』

四良次延命地蔵尊御堂前にたくさん咲いています。

 

次は、

 

ツツジ

ツツジ(躑躅)とはツツジ科の植物であり、学術的にはツツジ属(ツツジ属参照)の植物の総称です。
主にアジアに広く分布し、ネパールでは国花となっている。日本ではツツジ属の中に含まれるツツジやサツキ、シャクナゲを分けて呼ぶ慣習があるが、学術的な分類とは異なる。最も樹齢の古い古木は、800年を超え1,000年に及ぶと推定されています。

花言葉は、「節度」「慎み」

こちらは、福田寺内のところどころに見ることができます。

 

その他にもたくさんの花が咲いています。

少しずつですが、報告していきます。

 

季節の花々

ゴールデンウィーク真っ只中です。

いい天気が続いてますね。

 

こちらの登米市津山町では、今、横山不動尊が12年に一度の御開帳をしており、多くの人でにぎわっています。

御開帳と言ってもただ御堂の中を見れるということではなく、お不動様の体内にある秘仏を公開しているのです。

7日まで公開しておりますので、是非拝見した方が良いですよ!

 

さて、こちらきんふくがある福田寺境内では、たくさんの花が咲いております。

本当にいい時期です。

新しい芽が出てきて、花をつけるなんて、いろいろ考えさせられます。

今は、八重桜や芝桜、チューリップなどが見ごろです。

それに、フリチラソアというのも咲いています。

どこに咲いているか探してみてください。

 

境内を散策しながら、きんふくスポットや弁慶石でパワーを充電していってください。