福田寺

新しい元号が「令和」に決まりましたね。

(前日はきんふく内で「きんふく(金福)」いいよ~、縁起よさそうでおすすめなんだけどなあ~、などと話していましたが、なかったですね。)

「万葉集」の梅花の歌からの由来という ...

福田寺

梅花用の机と椅子を用意したので、この間初めて使いました。

正座だとできないという方も多いので、なるべく身体的な負担がないようにと考えています。

細く長くゆったりと続けていけますように。

  ...

きんふく, 福田寺

昨日12日は御詠歌で三宝御和讃と聖号のお唱えを練習してから、涅槃会の法要を行いました。

1時間の中で2曲を覚えるという無理のあるなか頑張っていただき(^^;

ご一緒に法要を行うということ、なんとも有難く良い時間 ...

福田寺

3月になり、福田寺の境内に春の草花がちらほら顔を出し始めました(*^^*)

水仙の芽はこのくらいです。

ということで、御詠歌の練習会のお知らせです。

未経験の方も歌が苦手な方も、どうぞご心配なく!

プライベート

温泉ってすごいですね。

肌悩みが改善するのを実感しました。

先日の梅花講習会は秋保会場で、いつもは通ってたのですが、今年は泊まりで参加してみたのです。

そこで夜だけ温泉に入ったのですが、帰ってきてか ...

福田寺

昨日と今日は曹洞宗の宮城県の御詠歌の勉強会である梅花流特別講習会に参加してきました。

県内の梅花講の方々が多く参加しての勉強会です。

教えていただける先生方々は、全国各地からの有名な先生です。

いろ ...

福田寺

若方丈が梅花流の助教になったので、法具の房を紫から水色に取り換えました。

曹洞宗の御詠歌、梅花流詠讃歌では、級(教階)によって房の色が違います。

そして、梅花は仏教の学びでもあるので、僧侶、寺族、檀信徒講員で級 ...

きんふく

「難を転ずる」ということで縁起が良いといわれる、南天の実が鮮やかです。

法戦式に向けて長いこと緊張感を持ち続けていたので、終わってもまだ若方丈の体が本調子に戻っていない今日この頃。(この辺が20代とはちがいますね(^^;) ...