9月の御詠歌体験会のお知らせ

秋明菊(シュウメイギク)が咲き始め、秋が近づいてきたような今日この頃です。

気温の変化が大きくなりますので、皆さま体調管理にはくれぐれもお気を付けくださいね。

さて、9月5日に2回目の梅花流御詠歌の体験会をします。

前回は梅花流の中でも、いろんな場面で最もお唱えすることが多い、「三宝御和讃」を練習しました。

「難しかった~」というお声をたくさんいただきましたが、皆さん笑いながらおっしゃってましたので、難しいことを乗り越えようと皆で頑張る楽しさを感じていただけたのだと思っています(*^^*)

私ももっと皆さんにわかりやすくできるよう頑張ります。

9月は「まごころに生きる」という曲です。

この曲はシンガーソングライターの南こうせつさん作詞作曲です。

実は南こうせつさんは、曹洞宗のお寺の息子さん。

それを知っただけでも親近感が湧いてきて、歌詞を読むだけでもふんわりこころにしみてくる、かもしれません!

さてさて、どんな曲でしょう?

ぜひ体験に来てみてくださいね。

福田寺の檀家でなくても大歓迎です(^^♪

ご一緒にお唱えしてみましょう。

「梅花流詠讃歌体験」

~御詠歌をお唱えしてみましょう~

日時:平成30年9月5日(水)13時30分~15時

参加費:300円※年齢問わず、男性、女性、どなたでもOKです(^^♪

場所:福田寺

 

卒業しました!

御詠歌をご存知でしょうか?

曹洞宗では梅花流詠讃歌といい、お釈迦さまと曹洞宗の両祖さま、ご先祖さまを敬うこころを唱える、やさしく穏やかな歌です。

初めて聴いたとき、歌詞とメロディーに心打たれました。

それから自分もお唱えをしてみたくなり、寺族として指導者養成所に通って4年、昨日無事卒業しました!

今年はきんふくとしてだけではなく、福田寺の寺族としても新しいチャレンジの年になりそうです。

私自身まだまだ勉強は続くのですが、ご一緒に梅花流をお唱えしてみたいなあという方は

ぜひ福田寺にお越しくださいね(^-^)

 

 

季節の花々 梅の花 桜

暖かい日が続いておりますね。春を感じさせてくれます。

 

以前もご紹介しましたが、宮城県登米市津山町では今、梅の花が見ごろです。

金峰山福田寺の梅の花をご紹介します。

どうですか?良い感じでしょう。

是非とも直接みていただきたいですね。

 

 

梅の花が咲いていると言うことは気になるのが桜ですね。

今のところは・・・

こんな感じです。

この桜も是非見に来てもらいたいものです。

 

季節の花々は時期により顔を変えますので、その度にご連絡させていただきます。