二十日お盆

昨日は二十日お盆(はつかおぼん)でした。

これは東北の風習のようですが、お盆中に来られなかった人もこの日にお墓参りに来たりします。

住職と若方丈は、隣町のお寺に施食会(せじきえ)のお手伝いに行きました。

 

ところで、私事ですが、去年のお盆中14日に、我が家の犬(マコ♀・19歳)が死にました。

今年は1周忌だったわけです。

子犬のころから、お正月の初詣にはお札場でお客様を率先してお迎えし、皆さまから可愛がってもらっていました。

中型犬の白い犬で、某なんとかバンクのCMの犬にそっくりでしたので、よくお客様からは「お父さん」と呼ばれていました。

17歳ころから体の老化が見え始め、18歳ころには認知症が進んだためかお札場に向かうことも忘れ、19歳には介護が必要になり、最期の半年ほどは寝たきりになりました。

食事、排せつ、清拭、体位交換、鳴きっぱなしになるので抱いたりなでたりとなだめるために付きっきりになったりと、家族皆で世話をした日々でした。

正直、犬の介護がこれほど大変だとは思いませんでした。

特にいつも一緒の部屋で寝ていた母は、気が休まる時間がなかったと思います。

介護に関して、人の介護はもちろん大変ですから、犬のことはあまり言わないようにしていましたが、少しでも情報が欲しくて夜中に老犬介護のブログや記事を読み漁りました。

当時はぐるぐるぐるぐる、いろんな思いと日常の生活と業務で頭の中は余裕がなかったと思います。

マコの姿から、生きることと命のあり方について、ずいぶんと考える時間をもらいました。

いなくなって1年経った今、面白かったマコばっかり思い出します。

マコ、笑いをありがとう!

 

お盆が終わり、今日からきんふくも通常業務です。

 

 

みちのく巡礼六番札所になりました!

この度、みちのく巡礼の六番札所になりました。

このみちのく巡礼の目的は

・東日本大震災犠牲者を悼み、自らも癒される、心の拠り所となる「祈りの場の創設」
・東日本大震災の記憶と教訓の「伝承」
・自然災害から自らの命を守る「防災意識の啓発」

だそうです。(※みちのく巡礼ホームページより)

 

そして、その六番目の札所として、福田寺が登録されました。

YouTubeに動画もアップされておりますので、見てください。

福田寺動画

 

 

魂の重さ?

大変に暑いお盆でした。

いまのところ、墓参り中に体調崩された方などいなかったようなので、寺としてもほっとしています。

 

そうそう、こんなことがありました。

14日に行われた夕方の合同供養の後、若方丈が施食棚の場所を移動していたところ

「なんか、昨日より重いんだけど。」

とつぶやきました。

「ああ、皆さん来たからだねえ。」

「そういうことだね。」

 

“魂の重さは21g”という研究をされてた方が昔いたようですが、

羽のように軽くても、たくさん集まれば感じるくらいに重くなるのかも。

帰るお家がある方は、きっと家族のところへ行ったでしょう。

それ以外の方々がお家の代わりにお寺へ来て、お休みになっていたのかもしれません。

無縁様といわれていた仏様も、ここで有縁様になるのかな。

なんてこと思いながら、お盆は過ぎ、皆様をお送りし、またいつものお寺に戻ります。

 

明日は合同供養です。

お盆のお迎えの日、激暑となりましたね(*_*)

昨日まではお掃除に、今日はお花を飾りに、お参りにと、たくさんの方が来ています。

住職と若方丈は、初盆を迎える町内のお家に棚経にまわりました。

本堂には施食会棚をつくり、檀家さんのご先祖様の他にも、無縁仏様などの霊魂への供養も行っています。

そして、『甘露門』というお経を読みます。

そのなかには、

 

「皆さん、ここに来て、供養のご馳走を食べてください。

そしてあなたたちが福で満たされて、早く苦しみから離れて成仏することを祈ります。」

 

というようなことが書いてあります。(和尚さん、間違ってたらすみません(^^;)

 

皆さんのお宅でも、家族や親戚が集まったり、お友達と会ったり、

または今の時代ですと、ネット上で集っているかもしれませんね。

生きている人も亡くなった人も、あたたかい心に包まれるのがお盆なのかなあと思います。

 

〈福田寺の檀家の皆様へ〉

「盂蘭盆会合同供養」

8月14日(火)①午前7時~  ②午後17時~

ご都合の良い時間にご参加ください。

 

四良次忌を無事過ごすことができました。

本堂前の狛犬が、「あちい~(*_*)」と言ってるかのような朝です。

 

昨日も猛暑で熱中症が心配でしたが、ちょうど大祈祷の時間はうっすらと雲があったおかげで助かりました。

午後にもお参りの方々がいらっしゃいました。

夕方には四良次講の方々に旗を下ろしていただき、共に供養をし、

忌明けとなりました。

こうしてお越しになった皆様とともに浄化され、

四良次様は延命地蔵尊として、また人々を救ってくださるんだと感じます。

 

ただ、やはり8月ということで、昼の行事は難しいとのことから

来年からは前日の夜ではどうかと考えております。

時期になりましたら詳細をお知らせいたしますのでよろしくお願いいたします。

 

そうそう、紙芝居は「懐かしい!」と喜んでいただきました。

水あめはありませんでしたが(^^;

次回、またどこかで読ませていただくことがあるかもしれませんので、

機会があれば見てくださいね。

きんふくは大切な人、物、事が一つ一つ増えてきています。

それぞれが輝くように考えをめぐらせて知恵袋を膨らませています。

 

今日のお知らせ「四良次忌前日」

今朝も朝から蒸し暑いですね。

朝五時ころから、四良次講の皆さんが境内の草刈りをしてくださり、

四良次延命地蔵尊を祀る旗を立てました。

昔々は「お夜籠り」といって、四良次様のお逮夜ということで、地域の方が8月1日の夜にもお寺に集まったそうです。

現在は当日の8月2日の午前中に大祈祷、夕方に本供養をしています。

明日は10時より四良次様のお話を紙芝居でお伝えいたします。

その後、大祈祷です。

どうぞご来寺ください。

猛暑のため、紙芝居・祈祷の受付は福田寺庫裡で行います。

当日は案内板を出していますので、お越しの方は庫裡中玄関からお入りください。

※祈祷の申し込み受付は9時30分から10時です。

福田寺ホームページ

 

 

 

 

初めての御詠歌

連日の30度越えで疲れがたまっていませんか?

今日はいつもより過ごしやすい空気でほっとしているところです。

 

先週の梅花の体験会には12名の方にご参加いただきました。

梅花を聴いたことがない!という方がほとんどで、

教えたことがない!という私が教えるという、

なんとも初心者だらけの体験会でした(^^;

なじみがない曲調なので「むずかしい~」という声もありましたが

それでもなんとか90分で「三宝御和讃」を全部お唱えできるようになり、

思わず完成の拍手でした。

普段は一人ひとりだけど、

誰かと一緒に苦労して同じ方向を目指す、というのもたまにはいいものですね。

福田寺に初めて梅花のお唱えが響きました。

 

次回は9月です。

歌が苦手でもかまいません。

声を出すのが恥ずかしいけど、皆の声が聴きたい、というのでも大歓迎です♪

ご興味のある方、遠慮なくお越しください。

梅花体験会 9月5日(水)13:30~15:00

 

蓮の花ももうすぐです。

夕方になると虫の鳴き声が・・・

すっかり夏真っただ中という今日この頃。

年々夏が来るのが早くなり、気温の激しさに体は大変ですね(+o+)

さて、蓮の葉も大きく開き、いよいよ咲きそうなつぼみも出てきました。

福田寺にお越しの際にはどうぞご覧ください。

 

御詠歌(ごえいか)の体験会のご案内

いよいよ梅雨に入りました。

暑かったり、肌寒かったり、体も心も不安定になりやすいですね。

そんなとき、心安らぐ御詠歌のお唱えをしてみてはいかがでしょうか。

声を出していくことで、呼吸が整い、心が落ち着き、ご自分を癒すことにもつながります。

年齢、性別、宗派など関係なく、どなたでもご参加いただけます。

ぜひお越しください。

「梅花流詠讃歌体験」

~御詠歌をお唱えしてみましょう~

日時:平成30年7月6日(金)13時30分~15時

参加費:300円※年齢問わず、男性、女性、どなたでもOKです(^^♪

場所:福田寺

「梅花流詠讃歌」は、お釈迦様・両祖さま(道元禅師・瑩山禅師)を讃え、ご先祖様を敬うこころを唱えます。

体験会では法具などは使わず、楽しく、気持ちよく、お唱えに親しんでいただくことを目的としています。

手ぶらでお気軽にご参加ください(*^^*)

お問い合わせはお電話(橘090-8788-9511)まで。

 

小判ざっくざく

福田寺にたくさんの小判が実りました。

実は「小判草」。

明治時代に観賞用として輸入されたそうですが、現在は雑草という扱いです。

これがもう少しするとあまり可愛くない色合いに変化します。

だんだんと鑑賞されなくなったのがわかります(^^;

花言葉は「心の激動」ということで、やはりお金が絡むといろいろと乱れるということでしょうか。

 

「紫露草」も今咲いています。

子供のころはこの花で、ままごとや色遊びをしました。

「はい、おくすりです」なんてしたことありませんか?

雨上がりの今日もエネルギーいっぱいです!

 

きんふくスポットのわきには、ギボウシが大きくなってきています。

そろそろ梅雨がやってきます。