おっさん&おばさん

和尚さんは「おっさん」と呼ばれることが多いです。 子どものころ、なぜ私のお父さんが年齢関係なくいろんな人から”おっさん„と呼ばれるのか・・・ と、住職である若かった父が「おっさん」と呼ばれることに納得いきませんでした。 … 続きを読むおっさん&おばさん

降誕会(ごうたんえ)

4月8日は、2500年ほど前にお釈迦様が生誕された日で、降誕会(ごうたんえ)といいます。 ルンビニーの花園でお生まれになったとのことで、「花まつり」としてお祝いいたします。 ということで、今朝はいつもとは違う朝課となりま … 続きを読む降誕会(ごうたんえ)

登米市『春を巡る無料周遊バス』

暖かさから一変、今日は少し肌寒く、福田寺の桜は一旦咲き進むのを停止しております。 満開は来週中かしら。。。 さて、毎年登米市観光物産協会で行われる登米市内のバスツアー『春を巡る無料周遊バス』が 4月14日(土)15日(日 … 続きを読む登米市『春を巡る無料周遊バス』

花粉症真っただ中です

青空の日が続き、風も穏やかで気持ちが良い春の空気を 思い切り吸うことができなくて残念な今日この頃です。 若方丈も朝課はくしゃみと目の痒みに耐えながらです。 メディカルアロマの対策ジェルとマスクは手放せません! でも、春の … 続きを読む花粉症真っただ中です

卒業しました!

御詠歌をご存知でしょうか? 曹洞宗では梅花流詠讃歌といい、お釈迦さまと曹洞宗の両祖さま、ご先祖さまを敬うこころを唱える、やさしく穏やかな歌です。 初めて聴いたとき、歌詞とメロディーに心打たれました。 それから自分もお唱え … 続きを読む卒業しました!

かみしばい

読み聞かせに行っている小学校で、今朝は「義民 四良次」の紙芝居を読ませていただきました。 「四良次延命地蔵尊」の由来を後世に伝えようと、町内の方が残してくださった手書きの紙芝居です。 これを読むにあたり、様々な資料を調べ … 続きを読むかみしばい

涅槃会(ねはんえ)

今日、2月15日はお釈迦様が入滅された日で「涅槃会(ねはんえ)」といいます。 福田寺でも本堂で涅槃会の読経をしました。   お釈迦さまは、弟子のアーナンダに、沙羅双樹の間に、頭を北に向けて床を用意してくれるよう … 続きを読む涅槃会(ねはんえ)

還暦の御祈祷

先日、還暦の御祈祷を承りました。 還暦の還は「かえる」・「もどる」という意味、暦は干支を意味します。 60年で干支が一回りし生まれた年の干支に戻るということですね。 厄年であることから「厄除け」の意味で赤を身に着けるので … 続きを読む還暦の御祈祷

ハイザム

供養の後、お線香を使った後、お香を使った後などに灰を整える作務を「灰作務」と言います。 燃え残りを取って トントンしてならし、 平らに整え お香も整えます。   若方丈がお堂で何やらやってるな、というとき、灰作 … 続きを読むハイザム

oh!雪・・・

皆様の地域は雪の状況はどうでしょうか。 福田寺はこうです。 18cmくらい積もりました。 子どもや犬がいたら、きっと歓声を上げて喜び駆け回ったでしょう! これから雪かきです。 皆さまも腰に気をつけて雪かき頑張ってください … 続きを読むoh!雪・・・