杉の伐採終わりました。

福田寺の山の杉、無事に伐採と運搬が終わりました。

あとは材木として運ばれていきます。

毎日山の方から聞こえる重機の音と、お互いに掛け合う声を聞きながら、あんな高いところでの作業、すごいなあ、と思っていました。

ということで、杉がなくなった山に登ってみましたよ!

ひょえ~!高い!!そして斜面の角度が思っていたより急!!

これは、すごい仕事場だ!!!

私は小さいなあと、いろんな意味で感じました。

木を切る人がいて、運び下ろすがいて、製材所に運ぶ人がいて、製材所で製品にしていく人がいて、加工して様々な物にしていく人がいて、それを使う人がいて。

それ以前に木を植える人がいて、手入れをする人がいて、、、。

それぞれの専門職の方が支えてるんですね。

津山町ではこうやって杉を育ててきたんだと、改めて知ることができました。

ひいひい息を切らしながら降りました(*_*)

山に住むものたちの雰囲気も変わりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)