読み聞かせ絵本「ウェン王子とトラ」

学校で読み聞かせをするときに気にするのが、「絵」。

どんなに素敵でも、見えにくいのでは面白さも半減するので、できるだけ見えやすいもの、読み手も字が見えるもの、というところから選びます。

そんな中、この『ウェン王子とトラ』の魅力は何といっても絵。

始めは見やすさで手に取ったんだけど、ページを開くごとにのめりこむ感じです。

物語は、夜ごと村を襲うトラに悩んだ王が、トラを鎮めるためには王子をトラに差し出すことだ、と占い師に予言され、王子をトラの住む森に置いてくるところから始まります。

どうしてトラは村を襲うようになったのか。

王、王の妃、トラ、そして王子。

それぞれの気持ちが流れてきます。

途中でハンカチを取りに席を立つ子もいました。

作者のチェン・ジャンホンは中国の伝統的水墨画の手法を用いる画家とのことで、さすが。

感情が絵になるってすごい。

大人になると平常心でいるように心がけるからか、心の底から湧き出る感情が出にくくなったな、と感じることないですか?

これをふいに出させられる絵本だと思います。

起こったことは受け入れ、未来へとつなぐ王子。

ぜひ、読んでみてください。

ウェン王子とトラ

ところで、読み聞かせは「絵本セラピー」として大人の間でも広がっています。

いつかきんふくでも、癒しの読み聞かせ会を・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)